税理士に相談するならの記事一覧 - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう

税理士に相談するなら

東京で頼れる税理士【相続編】

税理士に相談するなら

会社設立01

東京でこれから遺産相続をするという人も多いと思いますが、相続する金額によっては相続税が発生する可能性があります。
相続税が発生するとなるとその申告手続きを税務署へでしなければなりませんが、どのような流れで進めていけばいいのか分からない人も多いと思います。

そこでここでは相続税申告の簡単な流れをお伝えしていきますので、これから遺産相続をする可能性がある人は参考にしてください。
はじめに遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、7日以内に死亡届を市町村役場へ提出をしなければなりませんので、その前の段階で頼れる税理士に依頼しておくのがベストです。。

まず遺産相続に向けて遺言書の有無を確認を行わなければいけませんが、遺言書が残されている場合はそこに記載されている内容に沿って進めていきますが、自筆証書遺言あるいは秘密証書遺言で残されている遺言書は裁判所で検認してもらわなければなりません。
遺言書がないのであれば戸籍調査や財産調査を行って誰が相続人となるのか、財産はどんなものがあるのか確認しなければなりません。

ついでに生命保険や死亡退職金、健康保険や遺族年金などの受け取りもする必要があるので覚えておきましょう。
ここまでは遺産相続がはじまってから3カ月以内にやっておかなければならないことで、加えて相続放棄か限定承認をする場合も手続きをする必要がありますので覚えておきましょう。

さらに準確定申告を遺産相続から4カ月以内に行います。
それが終わったら相続人が全員集まって遺産分割協議を行い、だれがどの財産を相続するのか決めます。

遺産分割協議をスムーズに進めて行くなら税理士が間に入ったほうが全員正しい知識を持った状態でできるので、よりやりやすくなります。
遺産分割協議が終わったらいよいよ相続税申告に移りますが、これは国税庁のホームページへ行くとチェックシートがありますので、ダウンロードして使うことをおすすめします。

相続する財産が決まり、相続税がかかる場合は10カ月以内のところで税務署へ申告します。
また、被相続人が会社設立しており、それを引き継ぐ場合は挨拶状を作成して付き合いのあった企業などへ送ることも忘れないでください。

このように遺産相続をするときには税理士など専門家がいたほうが相談もしやすいので是非そういった人と一緒に進めるようにしてください。
最近ではインターネットなどで情報収集もできます。

どうやって税理士を探せばいいの?

税理士に相談するなら

会社設立

将来的に自分で会社設立し、事業を展開してみたいと考えている人も多いと思いますが、そこで重要になるのが専門家の存在です。
会社設立手続きは個人事業主の開業のように開業届を提出すればOKというわけではなく、いくつかのステップを踏んでいかなければなりませんので、なかなか自分だけでやるのは難しいと言われています。

普段から会社設立に関する情報収集をしていたり、そういった仕事をしている人なら別ですが、そうでないのであればやはり専門家の力を借りて進めたほうが確実かつスピーディに進められるでしょう。
まず会社設立の際に役立ってくれる専門家と言えば司法書士や行政書士といった人たちがあげられますが、これらの専門家はいずれも特徴があります。

司法書士は基本的に会社設立手続きに関する書類作成に強く、電子定款の作成もできますし、登記の代行申請も可能ですからトータル的なサポートを受けたい場合におすすめです。
行政書士は代行業務はできないものの、書類作成は司法書士よりも安くできるところが多いですし、許認可申請に強いので、許認可を必要としている業種をするならおすすめです。

このように各専門家の特徴を把握したうえで依頼すると、どんなことをやってもらえるのかが明確になりますから、自分でやるべきことも見えてくるのでやりやすいですし、これから会社設立するなら押さえておきたいところです。
また、会社設立と言えば必ず意識しなければならないのが税金のことで、これは会社設立前よりも会社設立後に重要になってきますから、税理士に依頼する準備を並行して進めておくといいでしょう。

税理士はその名の通り税金のスペシャリストなので、税金について悩んでいるならまず相談したい専門家ですし、会社運営していくうえで関わってくる税金の問題も解決してくれます。
会社設立と同時に税理士と顧問契約して、確定申告や年末調査はもちろん、その他の税金に関する業務を一挙に任せてしまうところも多いですし、税理士と企業はかなり身近な関係にあると言っていいでしょう。

税理士へ依頼するときの費用ですが、これは相場で言えばだいたい3万円~5万円程度だと言われていますが、実際にどんな業務を任せたいかによって違いますので、くわしくは税理士事務所に問い合わせてみてください。
税理士を探すときにはまずインターネット上で情報収集するのがおすすめで、最近では専門サイトもありますからそこで探してみるのもいいかもしれません。

税理士には会社設立の相談もできる!?

税理士に相談するなら

税理士には会社設立の相談もできます。
一般の方ではあまり相談の機会はないかもしれませんが、起業や会社設立を計画している方など、このことも知っておくといいかもしれません。
この分野で相談できるのは、たとえば起業計画についてです。
このような計画で起業を考えているが、これで問題はないかといった相談ができます。
それを受けて、問題があるかないか、税理士が回答してくれるわけです。
(さらに…)

確定申告の相談

税理士に相談するなら

一般の方からも税理士が頼られることが多いのは、確定申告の相談です。
これは個人でも対応が必要になることが多いため、相談数も多いですよ。
典型的な相談例は、申告内容の作成についてですね。
(さらに…)

不動産の相談

税理士に相談するなら

一般の方から税理士へよく相談されるのは、不動産関連のことです。
正確にいえば、不動産関係の税金のことですね。
これを持つと課税されますが、その課税方法がやや特殊になるため、税理士へ相談されることが多いんです。
(さらに…)

相続の相談

税理士に相談するなら

一般の方が税理士に相談する機会といえば、相続がありますね。
所得税などは勤め人でいる限り縁がないことは多いですが、この相続税は働き方に関わらず、多額の遺産を相続することになれば、自動的に対象となります。
(さらに…)

顧問の相談

税理士に相談するなら

一般の方でも税理士への顧問の相談ができます。
税理士に依頼できる顧問契約とは、自分専属の税理士になってもらう契約のことです。
これをすると、その税理士と定期的に連絡できたり、税理士が訪問してくれたりします。
そのときに必要な税務を代行してもらったり、状況の確認と問題のチェックをしてもらったり、その他の疑問を相談できたりします。
(さらに…)

税理士に相談できる税金の種類

税理士に相談するなら

税金にもいろいろな種類がありますが、それらの中で税理士に相談できるものは、どんなものでしょうか?
これについては、たくさんの種類に応じられます。
たとえば所得税など、税理士へ相談されることが特に多いですし、税理士の方でも対応できる場合がほとんどです。
(さらに…)

基本的な相談内容とは

税理士に相談するなら

一般の方でも困ったときは税理士へ相談するといいですが、とはいえ、どんなことが税理士の専門になるかはチェックしておきたいですよね。
税理士へ相談できる基本的な内容は、税金に関することです。
これで困ったことがあれば、とりあえず税理士へ相談してみるといいでしょう。
(さらに…)