税理士に相談できる税金の種類 - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 税理士に相談できる税金の種類

税理士に相談できる税金の種類

税理士に相談するなら

税金にもいろいろな種類がありますが、それらの中で税理士に相談できるものは、どんなものでしょうか?
これについては、たくさんの種類に応じられます。
たとえば所得税など、税理士へ相談されることが特に多いですし、税理士の方でも対応できる場合がほとんどです。

これ以外では、消費税の納税手続きも、税理士に依頼されることが多いですね。
これに対応できる方も多いです。
そのほか、相続税、贈与税、法人税や法人住民税、事業税などに対応できます。
これら税金から派生する業務、たとえば所得税の源泉徴収に関わる届け出や事務作業なども請け負えることが多いです。

このようにたくさんの税金に応じられる税理士ですが、一般の方からの相談が多い税金といえば、所得税や相続税ですね。
消費税の納税なども税理士に多い相談ですが、これの納税義務者は基本的に事業者です。
個人自営業や企業経営などをやっていない一般の方が、消費税の納税で悩む機会はほとんどありません。
同じように、法人税や法人の住民税、事業税など、税理士がよく頼られる税金ですが、一般の方にはそもそも課税されないため、税理士に相談する機会も少ないんですね。

一般の方にとって覚えておきたい主な税金は、所得税や相続税、贈与税などです。
これら税金は、自分で事業などをやっていない一般の方でも課税されることがありますから、税理士へ相談する機会もあるでしょう。
特に相続税や贈与税などは、税金の申告などを長年自分でやったことがない方でも、突然降ってわいたように課税されることがあります。
このようなときなど、その税金の対処法について、一般の方でも税理士に相談したい場面です。

これ以外の税金は、税理士に相談する機会はそれほど多くありません。
たとえば住民税など身近なものかと思いますが、これは確定申告などで申告された所得税の金額をもとに、市町村の方で計算して、納付書が郵送されてくることが多いからです。
それを支払うだけですから、納税者の方で悩むことが少ないんですね。

このような理由で、一般の方が覚えておきたい、税理士へ相談できる税金の種類は、所得税や相続税、贈与税などです。
これらで困ることがあれば、税理士の利用を考えてはいかがでしょうか?