顧問の相談 - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 顧問の相談

顧問の相談

税理士に相談するなら

一般の方でも税理士への顧問の相談ができます。
税理士に依頼できる顧問契約とは、自分専属の税理士になってもらう契約のことです。
これをすると、その税理士と定期的に連絡できたり、税理士が訪問してくれたりします。
そのときに必要な税務を代行してもらったり、状況の確認と問題のチェックをしてもらったり、その他の疑問を相談できたりします。

この契約の利点は、いちいち自分の状況を税理士まで説明する手間が省ける点です。
その税理士に自分のことを定期的に見てもらうわけですから、こちらの状況は税理士の方でも把握してもらえるわけです。
そのため、こちらが意識してすべての相談をしなくても、税理士の方から現状の問題点などを指摘してくれます。
毎月のように税務関係の手続きが発生する企業などでは、税理士と顧問契約を結んでいる場合も多いですね。
このような顧問契約について、一般人でも相談はできます。
応じてもらえれば、自分専属の税理士になってもらえますよ。

顧問の相談をするときは、一個人の顧問にもなってもらえるかといった相談が多いですね。
税理士によってはクライアントに指定があり、顧問契約は原則法人のみとなる場合もあります。
そのときは、一般個人からの顧問契約は難しいことになりますね。
ですから、個人でも問題ないかといった相談は多いです。
この点さえ問題ない場合、税理士によって顧問契約はかなり基本的な対応になるため、応じられる税理士はとても多いです。
顧問契約を前向きに検討してもらえることも多いでしょう。

ただ、この相談をするときには、顧問契約の仕組みは理解しておきましょう。
ご紹介したようにこれは税理士に自分専属の担当になってもらうことですから、顧問契約料が毎月かかります。
法人に比べて個人の場合は、費用が安くなる傾向にありますが、それでも1〜3万円ほどはすることが多いですね。
顧問をお願いすると年間では10万円以上の出費が必要になりますから、これはどちらかといえば、毎月のように税理士への相談や依頼がある方向けの契約です。
そのような状況にあることは確認した上で、顧問契約を相談するといいでしょう。