相続の相談 - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 相続の相談

相続の相談

税理士に相談するなら

一般の方が税理士に相談する機会といえば、相続がありますね。
所得税などは勤め人でいる限り縁がないことは多いですが、この相続税は働き方に関わらず、多額の遺産を相続することになれば、自動的に対象となります。

ここで税理士に相談できる内容は、たとえば相続税がかかるかどうかです。
相続税とは、相続が起きた方に必ずかかるわけではありません。
その他の税金よりもずっと基礎控除が大きく、結果的にかからないことも多いんです。
ただし、相続財産が一定額以上になる場合、この税金の対象になります。
この判断については計算式がきちんと案内されるものの、実際に対象になるかどうかは、各相続人が自分で計算の上で判断しないといけません。

明らかにかからない方、明らかに対象になる方はともかく、どちらになるか微妙な方は、計算で困ることもあるでしょう。
ここで計算を間違えており、本当は相続税がかかるのに申告しなかった場合、これは相続人の責任となります。
そのときは追加徴税の対象にもなりますから、この計算を代わりにやってほしいという相談は、税理士によく寄せられます。

このほか、相続税の対象になるため、その計算や申告手続きをすべてやってほしいという相談も多いですね。
相続税の計算や申告は、とても複雑です。
個人の確定申告なら手引きを見ながらやれば、個人でも対応できることは多いです。
しかし相続税の場合、計算方法が非常に複雑で、個人で対応する方はあまりいない実情があります。

そのわけは、相続税はチェックが厳しく、申告した内容に不備がないか、税務調査がほぼ確実に行われるからでもありますね。
個人で申告するだけなら慎重にやれば対応できますが、個人でやるとここで不備が出やすく、結局後でやり直しになり、追加徴税も受ける結果になることもあります。
このようなわけで、相続税の対象になったときは、税理士まで申告の代理を相談されることも非常に多いです。
特に相続財産に不動産が含まれる場合、相続税の対応に強い税理士まで依頼されることが多いですよ。