税理士には会社設立の相談もできる!? - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 税理士には会社設立の相談もできる!?

税理士には会社設立の相談もできる!?

税理士に相談するなら

税理士には会社設立の相談もできます。
一般の方ではあまり相談の機会はないかもしれませんが、起業や会社設立を計画している方など、このことも知っておくといいかもしれません。
この分野で相談できるのは、たとえば起業計画についてです。
このような計画で起業を考えているが、これで問題はないかといった相談ができます。
それを受けて、問題があるかないか、税理士が回答してくれるわけです。

このようなベンチャーサポート対応ができるのは、税理士は会計にも詳しいからですね。
特に税理士が強いのは、その計画でかかる税金の金額を正確にチェックできることです。
ここは税理士でないと難しい部分ですね。

会社などを作ると、一般人の立場では関係なかった税金も、納税する必要が出てきます。
たとえば法人税や法人住民税などですね。
これまでは払うばかりで納めることはほとんどなかった消費税も、場合によっては税務署へ納める必要も出てきます。
このような税金を含めた判断をしてくれるのは、税理士です。

また、税理士は企業の顧問になり、企業経営で起こりがちな問題や、だいたい必要な費用の目安を感覚的に知っていることが多いです。
このようなことから、税理士の中には企業経営者向けの経営相談に応じている場合もあります。
そのような部分からも、その起業計画の良し悪しを判断してくれますよ。

また、法人に必要な税務についてだけの相談もあります。
会社を作った後にかかる税金は何か、それにはどう対応すればいいかといった相談ですね。
このような相談が多いのは、税金が原因で会社が破産しないようにするためです。
一度確定した税金の金額は、計算に間違いなどがない限り、基本的に減額されませんから、事前の確認が大事です。
そのため、会社設立にあたって課税される税金の種類やその金額を相談されることが多いんですね。

また、会社設立後はすぐに法人の税務に対応する必要がありますから、それを見据えて顧問を早めに探す方も多いです。
この相談も、会社設立関係でよく行われる相談です。