基本的な相談内容とは - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 基本的な相談内容とは

基本的な相談内容とは

税理士に相談するなら

一般の方でも困ったときは税理士へ相談するといいですが、とはいえ、どんなことが税理士の専門になるかはチェックしておきたいですよね。
税理士へ相談できる基本的な内容は、税金に関することです。
これで困ったことがあれば、とりあえず税理士へ相談してみるといいでしょう。

税金に関することで、たとえばどんなことが相談できるでしょうか?
日常生活でよくある税金といえば、所得税ですね。
これは会社がやってくれることもありますが、場合によっては自分でやる必要があります。
何らかの事情で、自分で申告が必要になった場合など、税理士にこのことを相談できます。

このように実際に申告が必要になったあと、その対処法を相談するほかに、将来かかる見込みの税金をなるべく抑える方法の相談などもできます。
いわゆる節税対策ですね。
課税された税金を払わないのは違法ですが、許された範囲でなるべく税額を抑えるのは問題ありません。
実際に税金は、利用できる特例を使ったり、かかる税金から逆算して年収を決めたりすることで、何もしないときより税金を抑えられることがあります。
税金の負担が苦しい方など、このような節税について相談する方も多いですね。

このように税理士へと基本的に相談できるのは、税金に関する何らかの問題です。
その税金の計算方法や手続きの代理、節税方法などを相談できますね。
では税理士ではあまり対応できないのは、どんなことでしょうか?
それは税金の計算や申告などと、直接関係のないことですね。
税金と関連性があれば対応できる税理士もいないわけではないのですが、税理士なら誰でも対応できるとまではいえません。

たとえば不動産を相続した時など、その相続税については税理士が対応できますが、その不動産を相続する中で必要になる登記の手続きは、税理士の専門外となります。
これの相談をしたいなら、別の専門家までまた相談する必要があります。
また、相続にあたって、遺族間で遺産分配トラブルが起きている場合なども、税理士の対応外になります。
このようなことは相談できませんので注意してください。