会社設立時の株主総会のアレコレ - 困ったときは税理士に相談しよう!

予期せぬ確定申告や相続などが起きたとき、税理士に相談してみよう
Home » 税理士に相談するなら » 会社設立時の株主総会のアレコレ

会社設立時の株主総会のアレコレ

税理士に相談するなら

会社設立

会社設立をする際、必要となってくるのが株主総会です。
株式会社による会社設立の場合に必要となってくるのが、株主です。
株式会社の場合は、株式を発行して、自社に出社してくれる株主を見つけなくてはなりません。
それが資金調達にも繋がってくるので、まずは株主を見つけていくことが最優先です。
そのため、株主の募集についてもしっかり考えていくことが必要となります。
ただ、株主というのもただお金を出してくれるわけではありません。
事業に将来性がなければ、さすがに出資してくれるということはないでしょう。
株式会社の場合は株式がその会社を支える資金調達に繋がっていきます。
つまり、いかに出資してもらい、お金を集めていくかが重要となってくるでしょう。
まずはそこをしっかりと考えて対処していくようにしましょう。

また、会社設立の際には総会の創立が必要となってきます。
いわゆる株主総会というものなのですが、株式会社の場合はこの総会によって色々な方針を決めていくことが多くなります。
会社の経営や運営に関しても、株主への説明を行い、その上でどのようにしていくかを決めていくかが重要となってくるのです。
そこはしっかりと考えられるようにしておくことが必要となってくるでしょう。
事実、株主総会は毎年行うことが必要で、利益や収益がどうなっているのかという点をはじめ、今後の展望などに関しても話し合うことが必要となってきます。
だからこそ、会社設立時には総会の創立に関しても考えていくことが必要です。
なお、株式会社の場合は株主が実質的な権力を持っているので、そこは社長や代表取締役だけが決定権を持っているとは思わないことが重要です。
かなり株主の影響力が強いということもあって、経営や運営の決定権をどのようにコントロールしていくのかという点も重要となってきます。

ちなみに、株主総会などでは役員報酬を決めたりすることが重要です。
色々と会社や企業についても話し合って決めていくのが、株主総会の特徴となっています。
そこで株主の賛同を得ることができれば、よりスムーズになっていくでしょう。
ただ、これらの株主や総会に関してはトラブル・問題も頻発しています。
そのため、会社設立をするのなら専門家のサポートを受けて、立ち回り方をしっかり考えていくことが必要となってきます。
まずは専門知識が豊富な司法書士や行政書士、税理士などを頼りにしてみると良いでしょう。